カマタマーレ讃岐vsSC相模原:観戦レポート

全社の楽しみの一つに全社枠争いがあるのだが、今年は3日目にして決着。残した準決勝と決勝・3位決定戦は消化試合だという声もちらほら聞こえた。果たしてこの決戦が本当に消化試合なのか。この大会をどういう位置付けで臨んできたかが、この日で明らかになる。
準決勝第1試合はSC相模原カマタマーレ讃岐の試合。SC相模原は初戦はデッツォーラ島根との激戦を制すと、続いて矢崎バレンテトヨタ蹴球団に圧勝して勝ち進んできた。SC相模原は優勝すれば史上2チーム目の都府県リーグからの優勝チームとなるという。カマタマーレ讃岐は初戦でヴォルカ鹿児島に圧勝すると、アイン食品tonan前橋との接戦を制して勝ち上がってきた。
特筆すべきは両者これまで無失点であること。そうありながら、SC相模原は強力な攻撃を武器にしており、カマタマーレ讃岐は強固な守備を武器にしている。本大会で最強の矛と盾がぶつかり合う試合となった。

新システムを試したSC相模原

試合は戦前の予想どおり、SC相模原が攻めてカマタマーレ讃岐が守る構図となる。ところでSC相模原はこの日4-3-3のシステムを採用。中盤に怪我人がいたからか、あるいは戦術的に試したのか。明らかなのはSC相模原が勝ちにこだわった昨日までと、違う戦い方をしてきたということだ。対するカマタマーレ讃岐は選手を入れ替えながらも核になるメンバーは残して明らかに全力で勝ちにきてきた。
攻め続けたSC相模原。前半の殆どの時間はカマタマーレ讃岐陣地で試合が行われた。SC相模原は3トップの両ウィングである斎藤将基とジエゴカンポスにボールを集めてサイドから切り崩そうとする。あるいはセンターフォワードの船越優蔵をポストにして厚みのある攻撃を試みた。結論を急ぐと、SC相模原の3トップは失策だった。3者が全く持ち味を発揮出来ず、中盤もスカスカになってしまったため、破壊力は格段に落ちた。

最強3トップが讃岐を襲う

しかしやはり3者の能力は群を抜いている。地域リーグ最強クラスとも言える3トップがカマタマーレ讃岐を襲う。
前半5分、SC相模原は左CKを得る。ニアサイドに放り込まれたボールはジエゴが競り合いながらも丁寧に叩き付けた。甘くこぼれたボールは船越が詰めるが、マークにあってボールを触らせてもらえない。さらにこぼれた先にいた斎藤が勢いよく放ったシュートはきちんとブロックされてしまった。

photo:01

SC相模原は全くと言っていい程シュートが打てない。打たせてもらえない。SC相模原がいくら攻撃を組み立てても、フィニッシュの場面でカマタマーレ讃岐の守備に寄せられてしまった。前半のシュートはたった9本。40分間攻め続けた結果の9本であるから、記録を見た時に非常に少なく感じた。

少ないチャンスで絶好機を作り続けた讃岐

カマタマーレ讃岐SC相模原の攻撃を粘り強く弾き返しながらも、少ない攻撃で決定的な場面を作る。24分、カマタマーレ讃岐はカウンターから縦パス一本で10吉澤佑哉が抜け出す。ペナルティエリア内まで侵入した吉澤はGKとの一対一の場面を迎える。打てば入る千載一遇のチャンスだ。しかし吉澤にあろうことか、放ったシュートはゴール右へ大きく外れてしまった。カマタマーレ讃岐は前半で3本のシュートを放つのだが、いずれもカウンターからSC相模原の守備を完全に崩しての絶好機。一本は決めておきたかった。

photo:02

遂に奪った先制点

後半も変わらずSC相模原が一方的に攻めてカマタマーレ讃岐が少ない機会で攻める構図が続いた。緊張感漂う試合は完全に膠着してしまう。攻める相模原か守る讃岐か。
カマタマーレ讃岐の我慢が実った。後半26分、カマタマーレ讃岐はゴール正面でボールを受けた15綱田大志が思い切り左足を振り抜いた。

photo:03

放たれたシュートは直ぐにブロックされてしまう。ボールは右にこぼれていった。ここにキチンと詰めていた辺りが素晴らしい。カマタマーレ讃岐は23飯塚亮がこのこぼれ球をフリーで拾うと、それを綺麗にゴールネットへと突き刺した。

photo:04

カマタマーレ讃岐が少ないチャンスを生かして先制する。断トツの強さを見せていた本大会のSC相模原に初めて失点が記録される。

試合を決める2点目

攻め続けた挙句の失点を喫したSC相模原に不幸が襲う。後半32分、7富井英司が2枚目の警告を受けて退場処分となってしまった。絶体絶命だ。
SC相模原の不幸はここで終わらなかった。カマタマーレ讃岐は退場の場面で得たFKを飯塚が直接決めて突き放した。

photo:05
photo:06
photo:07

SC相模原、自ら試合終了

ここでSC相模原の悪い癖が出てしまう。SC相模原は焦りからラフプレーを連発。2失点目以降、SC相模原の選手が受けた警告は8分で3枚。おまけに15吉岡航平が主審を侮辱する発言をしたとして一発退場をしてしまう。SC相模原は反撃の機会を自ら放棄して試合終了を迎えた。

photo:08

無敵の讃岐

終盤の荒れ方を見ると、まるでSC相模原が自滅したようになるが、実は裏がある。それはカマタマーレ讃岐が見せたくどいほどのボールキープだ。カマタマーレ讃岐は2点目を奪った後、徹底的に安全にボールを回してプロ並みの時間稼ぎを披露した。コーナーでのボールキープはもちろん、とにかく時間を稼ぐことを優先してSC相模原にボールを与えない。カマタマーレ讃岐の新たな一面を見ることとなった。
テスト布陣だったとはいえSC相模原を封じた完璧な守備と、高い決定力。加えて質の高い試合コントロールを見せてくれたカマタマーレ讃岐。翌日の決勝は勿論のことだが、地域決勝でも最強のパフォーマンスが期待できる。四国からの第3勢力が大々的にスポットライトを浴びる日は近い。

photo:09
関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook