藤枝MYFC vs Y.S.C.C. :観戦レポート

地域サッカーリーグ決勝大会決勝ラウンド第3節第1試合。藤枝MYFCY.S.C.C.が対戦した。Y.S.C.C.は第2節をもってJFL昇格が決定。藤枝MYFCはPK勝利以上でJFL昇格、90分勝利で優勝が決まる試合となった。両者は今年3度目の対戦。全国社会人サッカー選手権大会では藤枝MYFCが1-0で競り勝ち、1次ラウンドでは1-1で引き分け、Y.S.C.C.がPK勝ちした。長居第2陸上競技場は陽射しが強く、この季節らしからぬ陽気に包まれていた。正に決戦日和。

20111204-130742.jpg

1回休みの藤枝MYFCアランが絶好調

JFL昇格に手っ取りばやく勝ち点3が欲しい藤枝MYFCが試合開始直後から元気良く攻める。とりわけ際立っていたのはFW9アラン。第2節を出場停止で休んでいたとあり、非常に体が軽そうだった。前半1分、藤枝MYFCはペナルティエリア内でパスをつなぎ、最後はFW9アランがシュートを放つ。このシュートは阻まれたが、3日目とは思えないくらいの元気を見せた。

藤枝MYFCは攻守に勢力的に走るFW9アランがスコアを動かす。前半4分、藤枝MYFCはFW9アランがゴールまで30mくらいあろうかという位置からミドルシュートを放つ。きつめの縦回転が加えられていたミドルシュートは誰もが予想しない弾道を描き、ゴールに吸い込まれた。藤枝MYFCが早速先制した。

20111204-130815.jpg

それでも強かったY.S.C.C.・・仕切り直して同点

勢いに飲まれた形となったY.S.C.C.。すでにJFL昇格という目標は達成しているが、だからと言って気を抜いていたわけではなかった。Y.S.C.C.藤枝MYFCが攻め上がった裏を突くように丁寧にかつ素早くボールを回し、藤枝MYFCのゴールに襲いかかる。Y.S.C.C.の攻撃は藤枝MYFCが食い止め続けていたが、決勝ラウンドこれまで無失点を貫いていた藤枝MYFCとて瀬戸際の守備を強いられていた。

Y.S.C.C.が押し気味に進める時間が生まれると、ついにY.S.C.C.藤枝MYFCを崩す。前半17分、Y.S.C.C.は左から素早くボールを繋いでペナルティエリア内へと侵入すると、最後はMF8吉田明生がゴール右隅に流し込んだ。Y.S.C.C.が同点に追いついた。

地域リーグらしからぬスピードでボールが動き、選手が連動する。到底3連戦の3日目とは思えない。全国リーグ昇格に相応しい試合が展開されていた。前半はこのままY.S.C.C.がペースを掴み、1-1で折り返す。

3日目らしからぬ攻撃対決

後半も立ち上がりは藤枝MYFCがペースを掴む。藤枝MYFCは幾度もゴールラインまでボールを運ぶことに成功しており、立て続けにコーナーキックを奪ってはY.S.C.C.のゴールに迫った。対するY.S.C.C.はカウンターからFW11辻正男を走らせるなど速攻で藤枝MYFCのゴールに迫った。攻める時間が長かったのは藤枝MYFCで、得点に近かったのはY.S.C.C.。スコアこそ動かなかったが、ハイペースで繰り返される創造的なな攻撃の応酬に目を奪われる時間が続いた。

20111204-130849.jpg

後半17分には藤枝MYFCがMF13洪泰日に替えてMF19清水健普を投入。後半18分にはY.S.C.C.がMF25吉野喜貴に替えてMF15森田真司を投入。互いに攻撃のカード切るなど2点目を奪いにいく姿勢こそ見せたが、互いになかなか攻めきれない。後半34分、Y.S.C.C.は左コーナーキックからペナルティエリア内で波状攻撃に成功するが、MF8吉田明生が最後に放ったシュートは高く浮き上がってゴールラインを割った。試合はこのままこう着し、後半終了を迎える。PK戦は藤枝MYFCが7-6で勝利。静岡FCが果たせなかったJFL昇格の悲願を、MYFCが達成した

20111204-130943.jpg

20111204-130951.jpg

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook