FC3DEP vs 海上自衛隊下総・館山航空基地:観戦レポート

暦は春になったものの、長らく肌寒い陽気がつづき、どうも上着が手放せない。自衛隊サッカーの季節と聞いてピンとこなかったのはそのせいだろうか。どうも自衛隊サッカーといえば「炎天下」のイメージが強い。強い日差しの元で限界まで闘う姿を今年も目撃しにきた。自衛隊サッカー大会3位決定戦。まるで狙いすましたような炎天下、月曜から続いた激闘を勝ち抜いた強豪4チームが味の素フィールド西が丘に集った。

この大会に足を運ぶようになって3年目となるが、今回は全入り口が開放されており、「知る人ぞ知る」大会ではなくなってきたらしく、心なしか観客も例年より多かった。(そして顔見知りも多かった。)
20140501-022642.jpg

第1試合の3位決定戦はFC3DEP(航空自衛隊入間基地第三補給所)と海上自衛隊下総・館山航空基地が対戦した。FC3DEPは普段、埼玉県2部を舞台に戦っているが、この大会においては紛れも無く注目チームの1つであり、絶対王者である海上自衛隊厚木基地マーカスから昨年の王座を奪ったチームだ。今年は準決勝でAIR BORNE(陸上自衛隊習志野駐屯地)に敗れて奇しくも3位決定戦に回った。海上自衛隊下総・館山航空基地は昨年も3位を勝ち取った強豪だ。
20140501-022652.jpg

海上自衛隊下総・館山航空基地のパーフェクトゲーム

蓋を開けてみて目に着いたのが、海上自衛隊下総・館山航空基地のパスワークだ。素早くかつ正確にボールを繋ぎ、FC3DEPを完全に翻弄する。最前線にはMF9木村晋作というドリブラーが構えており、前線に収めたボールを失わない。前半はほとんどの時間を海上自衛隊下総・館山航空基地の攻撃で費やすことになった。前半12分、海上自衛隊下総・館山航空基地は左から攻撃を組み立てると、最後はMF9木村晋作が抜け出し、シュートを放つ。しかしこのシュートはGKの正面をとらえた。
20140501-023353.jpg
昨年王者のFC3DEPとしては、なかなか難しいミッションを強いられることになる。海上自衛隊下総・館山航空基地のパス回しへの対応に苦労したというのもあるが、それ以上に5バックが厄介だった。サイドから速攻を仕掛けたいFC3DEPとしては、使いたいスペースを完全封鎖されていることになり、攻め手を失っていたのだ。

それでもFC3DEPは前半終盤にはMF7熊谷哲平が隙を見て右に流れてボールを引き出す流れを作り、攻略してみせた。前半37分、FC3DEPは左からサイドチェンジ気味に右サイド裏へ送り込み、最後はMF7熊谷選手が抜け出してシュートを放った。シュートはサイドネットを叩いたが、FC3DEPが得点する可能性を一つ引き出した。
20140501-024424.jpg

勢い増すFC3DEP

前半はスコアレスで折り返した。それぞれの良さが引き出された試合内容で既にお腹いっぱいだ。手の内を明かしたところで後半はどのようなバランスになるか。・・主導権を握ったのはFC3DEPだった。まずは後半6分、FC3DEPは中央を縦パス1本でFW11真木基希が抜け出してシュートを放ったが、GKの正面を捉える。

FC3DEPは後半に入ってからピタリと攻撃の形がハマり、勢いを増した。FC3DEPは中盤のMF7熊谷哲平が右サイド高い位置に開いて受ける攻撃パターンを後半も継続して行う。後半12分、FC3DEPは右サイド裏でボールを受けたMF7熊谷哲平が後方にボールを落とし、これを受けたFW32春本充がシュートを放り込んで先制点とした。
20140501-025407.jpg
試合はこのままFC3DEPが主導権を握ったまま終了を迎えるわけだが、後半のFC3DEPは本当に迫力があった。後半27分、FC3DEPは右サイドから流れるようにパスをつないでMF33斎藤雄太のスルーパスからFW11真木基希のシュートまで繋げる。これは受けた時点でオフサイド判定だった。
20140501-231430.jpg
後半44分、FC3DEPは左CKからDF27山本雄也が頭で合わせたが、右に外れる。ちなみにこの時点でFC3DEPは人数をかけずに時間をやり過ごそうとしていた。
20140501-232026.jpg

海上自衛隊下総・館山航空基地の可能性

試合終盤に入りFC3DEPは守りを固めると、その反動として海上自衛隊下総・館山航空基地の攻撃の機会が増える。後半34分、海上自衛隊下総・館山航空基地は右サイド後方から放り込んだボールをMF9木村晋作が体を投げ出して合わせようとしたが、左に外れる。
20140501-234559.jpg
後半39分、海上自衛隊下総・館山航空基地はMF9木村晋作が右サイドを抜け出し、折り返しをFW23野中優一が合わせたが、シュートは左に外れた。
20140501-234726.jpg
FC3DEPとしては必然的に海上自衛隊下総・館山航空基地に押し込まれる時間帯が多くなったが、最後まで集中を切らすことなく体を張り、相手のシュート精度にも助けられる形で何とかしのぎ切った。試合は1ー0で前回王者のFC3DEPが勝利。せめてもの3位を勝ち取って大会を締めくくった。
20140501-235052.jpg

タイトルのないWEBページ

20140502-000702.jpg

20140502-000710.jpg

20140502-000726.jpg

20140502-000734.jpg

20140502-000744.jpg

20140502-000751.jpg

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook