[ニュース:選手情報]大分トリニータの清本拓己選手が右膝前十字靭帯損傷で全治約8か月。トレーニングマッチで負傷

大分トリニータは清本拓己選手が右膝前十字靭帯損傷で全治約8か月の診断を受けたことを発表した。清本選手は3月6日に行われたトレーニングマッチで負傷した。清本選手はここまで明治安田生命J2に2試合出場している。

清本拓己選手 怪我の診断結果について – ニュース – 大分トリニータ公式サイト
http://www.oita-trinita.co.jp/news/20170330325/

3月6日のトレーニングマッチにて負傷した清本拓己選手の怪我について、大分市内の病院で検査を受け、以下の通り診断されましたのでお知らせいたします。

続きを読む

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook