[ニュース:試合レポート]ヴィアティン三重がヴァンラーレ八戸FC戦の試合後コメントを発表「相手の豪快なシュートが決まってしまいバタバタしてしまいました」

ヴィアティン三重は3月19日に行われたJFLファーストステージ第3節ヴァンラーレ八戸FC戦の試合後コメントを発表した。敗戦となったこの試合、海津英志監督は「試合の入り方は良かったのですが、相手の豪快なシュートが決まってしまいバタバタしてしまいました」、坂井将吾選手は「ゴール前まで攻め込む瞬間は何度かあったのですが、結果を出すことができませんでした」、稲森睦選手は「チャンスは何度かありましたが決めきることができず、逆に少ないチャンスを決められてしまいました」とコメントしている。

【マッチレポート】JFL第3節 VS ヴァンラーレ八戸 – Veertien (ヴィアティン) サッカークラブ
http://www.veertien.jp/fc/top/?p=8349

【マッチレポート・インタビュー VS ヴァンラーレ八戸】   強風吹き荒れる中行われた第3節は、アウェイで2連勝し今節がホーム開幕戦となる元日本代表の柱谷哲二監督率いる「ヴァンラーレ八戸」

続きを読む

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook