[試合予定:JFL]天皇杯で激戦を繰り広げたラインメール青森F.Cと奈良クラブが激突!首位Honda FCはFCマルヤス岡崎と対戦!

▲先頭に戻る

JFLファーストステージは第12節8試合が行われる。第12節は5位の東京武蔵野シティFCが14位のヴェルスパ大分武蔵野市立武蔵野陸上競技場で対戦する。東京武蔵野シティFCは前回の試合で4試合ぶりに敗れ、5試合勝ちなし、3試合連続失点、勝点18となっている。ヴェルスパ大分は前回の試合で2連敗、6試合連続失点、勝点10となっている。2017年8月20日に味の素フィールド西が丘で行われた試合では、1-1で引き分けている。当サイトの投票状況は東京武蔵野シティFCの勝ちが3票、引き分けが0票、ヴェルスパ大分の勝ちが0票となっている。

関連リリース

3位のヴァンラーレ八戸FCは11位のヴィアティン三重ダイハツスタジアムで対戦する。ヴァンラーレ八戸FCは前回の試合で2試合ぶりの勝利、4試合負けなし、3試合無失点、勝点20となっている。ヴィアティン三重は前回の試合で連勝が2で止まり、6試合ぶりに敗れ、4試合連続失点、勝点14となっている。2017年9月10日に東員町スポーツ公園陸上競技場で行われた試合では、ヴァンラーレ八戸FCヴィアティン三重に2-1で勝利している。当サイトの投票状況はヴァンラーレ八戸FCの勝ちが2票、引き分けが0票、ヴィアティン三重の勝ちが1票となっている。

関連リリース

8位のラインメール青森F.Cは6位の奈良クラブ青森県総合運動公園陸上競技場で対戦する。ラインメール青森F.Cは前回の試合で4試合ぶりの勝利、2試合負けなし、勝点16となっている。奈良クラブは前回の試合で3連勝、開幕11試合連続得点、3試合無失点、勝点18となっている。2017年8月20日に橿原公苑陸上競技場で行われた試合では、ラインメール青森F.C奈良クラブに3-2で勝利している。当サイトの投票状況はラインメール青森F.Cの勝ちが0票、引き分けが0票、奈良クラブの勝ちが3票となっている。

関連リリース

2位のFC大阪は10位のホンダロックSCキンチョウスタジアムで対戦する。FC大阪は前回の試合で2試合ぶりの勝利、6試合連続得点、勝点24となっている。ホンダロックSCは前回の試合で2連敗、5試合勝ちなし、6試合連続失点、勝点15となっている。2017年10月7日に串間市営陸上競技場で行われた試合では、ホンダロックSCFC大阪に2-1で勝利している。当サイトの投票状況はFC大阪の勝ちが3票、引き分けが0票、ホンダロックSCの勝ちが0票となっている。

関連リリース

4位のソニー仙台FCは16位のテゲバジャーロ宮崎宮城スタジアムで対戦する。ソニー仙台FCは前回の試合で5連勝、7試合負けなし、10試合連続得点、5試合無失点、勝点18となっている。テゲバジャーロ宮崎は前回の試合で3連敗、8試合連続失点、勝点6となっている。当サイトの投票状況はソニー仙台FCの勝ちが3票、引き分けが0票、テゲバジャーロ宮崎の勝ちが0票となっている。

関連リリース

13位の流経大ドラゴンズ龍ヶ崎は12位のコバルトーレ女川たつのこフィールドで対戦する。流経大ドラゴンズ龍ヶ崎は前回の試合で2試合ぶりに敗れ、勝点10となっている。コバルトーレ女川は前回の試合で5試合ぶりの勝利、2試合負けなし、勝点11となっている。当サイトの投票状況は流経大ドラゴンズ龍ヶ崎の勝ちが1票、引き分けが0票、コバルトーレ女川の勝ちが2票となっている。

1位のHonda FCは15位のFCマルヤス岡崎Honda都田サッカー場で対戦する。Honda FCは前回の試合で2連勝、勝点26となっている。FCマルヤス岡崎は前回の試合で連敗を4で止め、5試合ぶりの勝利、開幕11試合連続得点、勝点9となっている。2017年10月7日に豊田市運動公園陸上競技場で行われた試合では、2-2で引き分けている。当サイトの投票状況はHonda FCの勝ちが3票、引き分けが0票、FCマルヤス岡崎の勝ちが0票となっている。

関連リリース

7位のFC今治は9位のMIOびわこ滋賀ありがとうサービス 夢スタジアムで対戦する。FC今治は前回の試合で2試合ぶりに敗れ、4試合連続失点、勝点17となっている。MIOびわこ滋賀は前回の試合で2連敗、勝点15となっている。2017年7月30日に布引グリーンスタジアムで行われた試合では、MIOびわこ滋賀FC今治に3-2で勝利している。当サイトの投票状況はFC今治の勝ちが3票、引き分けが0票、MIOびわこ滋賀の勝ちが0票となっている。

関連リリース

▲先頭に戻る

▲先頭に戻る

▲先頭に戻る

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook